search slide
search slide
pages bottom
About Me http://www.dallascrowd.com/

大阪VS広島・お好み焼きの対戦

粉物のB級グルメ、お好み焼きといえば、大阪、広島どっちを思い浮かべますか?どちらも有名なお好み焼きどころですよね。どちらもキャベツ・小麦粉・豚肉などで作られるものですが、一番の違いは大阪風のお好み焼きは先に材料を混ぜ込んで焼き、広島風のお好み焼きは、薄く敷いた小麦粉の上にキャベツや具をのせて行く作り方のです。
よく広島風お好み焼きと大阪風お好み焼きの違いは広島風には麺を入れるという話も聞きますが、大阪風お好み焼きにもモダン焼という麺をのせて焼くメニューが昔から存在します。一般的には中華麺をのせますが「うどんモダン」という饂飩をのせるメニューもあり、私は子供の頃このうどんモダンが大好きでした。
ソースもお好み焼き用のものが売っていますし、お店で色んなソースをブレンドして独自の味を作っているところも多いようです。
お好み焼きと似たものに、元祖だといわれている「一銭洋食」や豚肉と小麦粉で作る「トンペイ焼」、東京月島が有名な「もんじゃ焼」などがあります。

江戸っ子が大好き落語ネタにもあるお蕎麦

私は関西生まれの関西育ちなので、実のところあまり蕎麦には詳しくありません。しかしお蕎麦も昔から日本人の大事なB級グルメです。西の饂飩、東の蕎麦とよく言われますが、時代劇でも江戸庶民はよく蕎麦を食べますし、お酒も蕎麦屋で飲むものだったそうです。古典落語にも「とき蕎麦」なんて演目もありますものね。昔から安くて美味しい庶民の食べ物だったのがよく分かります。
お饂飩はどこのお饂飩も白いですが、そばは製麺のしかたによって黒いものと白いものがあります。「更級蕎麦」などが白いお蕎麦では有名ですね。また、抹茶を練りこんだ「茶そば」や「江戸そば」では様々なものを練りこんで季節をあらわすそうです。
また、関西では見かけることはほとんどありませんが、関東では秋になると「新そば入りました」というお知らせが蕎麦屋に出るそうです。
お蕎麦の種類にはネタ物と呼ばれる上に具ののった暖かいお蕎麦や冷たい盛蕎麦などがありますが、一口ずつ盛られた盛岡のわんこそばや兵庫の出石そばなどもあります。

製麺所が流行の饂飩

昔から愛されているB級グルメのお饂飩ですが、何年か前から香川の讃岐うどんが有名になり、最近では大手外食チェーンも参入してファミリーレストランだったところが○○製麺所という名前のお饂飩屋さんになっていたりします。お店の中は讃岐うどん形式で、自分で上にのせるトッピングを選び、お出汁も熱いものか冷たいものかを選べるようです。讃岐うどんは噛み応えのあるコシの強い麺が特徴です。
他にも名古屋の平べったいきしめんや、つるつるしたのど越しが美味しく、保存の効く乾麺でも有名な秋田の稲庭うどんなど麺にも各地の特色があります。お出汁は東日本と西日本では大きく違うといわれています。東日本の出汁は濃口醤油を使うため色が濃く、西日本の出汁は薄口醤油を使うため薄く澄んでいるのが特徴です。この出汁の差は、カップ麺などにも適用されていて、有名なメーカーの商品では同じ名称で売られているものでも地域により四種類の出汁を使い分けているそうです。
また一般的にはお醤油ベースのお汁で頂くお饂飩ですが、名古屋で有名な味噌煮込みうどんや、カレー饂飩なども沢山の人に愛されているB級グルメですよね。

おかずにもおやつにもなる熱々のコロッケ

お肉屋さんやお惣菜屋さんで揚げたてのコロッケを一つ買って食べながら歩いたことはありませんか?あまりお行儀はよくありませんが、寒い冬など熱々のコロッケ、美味しいですよね。今ではハンバーガーなど手軽なファストフードが色々ありますが、このコロッケは昔からある日本のファストフードと呼べるかもしれませんね。
主にジャガイモを潰したものにひき肉などを混ぜて丸め、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけて揚げるこのコロッケですが、クリームコロッケや、カレーコロッケなどバリエーションも豊富です。
名前の由来はフランス料理の「クロケット」と呼ばれるクリームコロッケに似た料理ではないかと言われていますが、はっきりしたことは分かっていないようです。
B級グルメの定番のおかずである、コロッケですが、冷凍食品の売り上げ№1選手でもあります。最近は油であげなくても電子レンジやオーブントースターで手軽に調理できる冷凍のコロッケも沢山販売されているので、お弁当のおかずとしてもとても人気があります。

あったかいおでんも色々です

冬になるとコンビニのレジ横に必ずある「おでん」。関東炊きとも呼ばれるこのおでんも庶民に愛されるB級グルメですよね。
このおでんも地域によって様々なバリエーションがあるのです。関西で関東炊きと呼ばれているおでんは、名前の通り東から西へ伝わってきた食べ物なのですが、あまり関東地域では人気がなかったようです。関東大震災をきっかけに関西風の味付けになったおでんを炊き出しで食べてから東京にもおでんがまた広まっていったそうです。
基本形としては、魚系の出汁にお醤油味。必ず入れられる具材に大根、こんにゃく、卵などがありますが、他に入れられるものは地域によってかなり違います。東京では必ず入る「ちくわぶ」や「はんぺん」は関西ではまず入りません。また九州地方では「かまぼこ」が入るそうです。
あと、全国的には「からし」をつけて食べることが多いですが、静岡だと青海苔や魚の削り粉をまぶして食べますし、姫路では生姜醤油をつけて食べます。ほかには味噌をつけて食べる地域もかなりあるようです。